【理学療法学専攻】4年生の学修の様子について

2020年07月30日(木)
 理学療法学専攻の4年生は、4月~5月まで自宅で国家試験対策の課題を取り組み、毎日の検温をしていました。そして、6月に分散登校をしながら、理学療法士に必要な知識や思考力、技能の修得に励んできました。学内で学修を行う時には、新型コロナウイルスにおける感染予防のため、手指消毒や手洗い、マスクの着用、定期的な換気、十分な距離を確保して実施しました。さらに実技練習では、マスクだけでなくフェイスシールドも着用し、安全に配慮して行いました。
 また、理学療法学専攻の教員は、オンライン上で理学療法士に必要な知識や思考力を指導し、学生が来学した時に技能も指導を行いました。
 例年と異なることばかりですが、この状況だからこそ学生と教員とが一緒に頑張って乗り越えていきたいと思います。