【理学療法学専攻】 第7回南大阪リハビリテーション・ケア学会にて本学学生が最優秀賞を受賞しました

2019年04月17日(水)
 2019年3月30日に開催された第7回南大阪リハビリテーション・ケア学会で、本学の中俣・有末ゼミの学生が発表し、最優秀賞を受賞しました。合計で62演題の発表がある中で、本学学生の研究「地域在住高齢者の健康寿命向上に及ぼす要因~外出機会と活動量に着目して~」が、賞を頂いたことは大変名誉あることと思います。学生は発表のために多くの時間をかけて準備していましたが、その成果が出たことが一番の労いになったと思います。頑張った学生達を称えるとともに、研究に参加して頂いた方々や予演会等で関わって頂いた方々へ感謝致します。